和室

畳を張替えるなら専門業者に依頼|落ち着く空間

日本固有の敷物

和室

メンテナンスで長持ち

最近は、和室が少ない家も増えてきています。しかし、日本人にとって、和室に使用される畳や障子、ふすまは、リラックスできる非常に大切なものでもあります。畳は、日本固有の敷物で、四季があり湿度が高い日本の気候に合ったものとなっています。断熱性や保温性、吸湿性などに優れているので、とても快適に使用することができます。最近では、使用される材質にもバリエーションが出てきて選択肢が増えています。優れた敷物である畳ですが、経年劣化による傷みは避けられません。かと言って、同じ時期に全て新しいものに替えるとなると出費がかさんでしまいます。そんな時は、張替えがおすすめです。張替えには、裏返しや表替えがあります。裏返しはその名の通り、畳を裏返して畳床に張り直します。3年から5年が経ち、表面が擦り切れてきたり、日焼けが目立ってくると張替え時です。表替えは畳床はそのまま使用し、畳表と畳縁を新しくするものです。どのくらいで張替えをすれば良いか判断が難しい場合は、業者に依頼して判断してもらうと良いでしょう。畳はメンテナンスをきっちりしていれば、とても長持ちします。張替えをせずに放っておくと、寿命が短くなってしまいます。また、最近では、材質や形が選べたり縁の色なども豊富だったりします。畳を張替えるだけで、部屋の雰囲気を変えることもできます。長持ちさせるため、お手軽なイメージチェンジのためにも、張替えはとても大切な作業と言えます。