和室

畳を張替えるなら専門業者に依頼|落ち着く空間

畳を長く使うために

部屋

畳の状態に適した方法で

畳は古くなっても、畳替えをすることで新品同様の状態にすることが可能となっています。ただし畳替えには、裏返しと表替え、そして新調の3種類あり、それぞれ方法と効果とが異なっています。したがって畳替えでは、畳の状態に合わせて適したものを選ぶことが肝心とされています。具体的には、畳表のみの状態が悪くなった時には、裏返しが適しています。裏返しとは、畳表をいったん剥がし、それまで裏側となっていた面を表側に向けて、再度取り付けるという作業です。裏面は、表面と比較すると劣化しにくく、2〜3年使い続けても、きれいな状態が維持されていることがほとんどです。そのため裏返しをすれば、新しく表側に来た面が劣化するまでは、快適な使用を続けることができるのです。そしてその面も劣化した場合には、表替えが必要となります。表替えとは、畳表を新しいものと交換するという作業で、これにより畳をさらに継続利用できるようになります。もちろん表替え後には、片面の劣化の度合いに合わせて裏返しをすることが可能です。このように裏返しと表替えとを数年おきに繰り返していると、やがては畳の芯の部分の状態も悪くなります。こうなれば、畳全体を交換することが必要となるのですが、これが新調です。畳を取り外し、同じサイズのものを購入して、その場所に設置するのです。畳が完全に新品になるので、その後は再び、裏返しや表替えを行いながら、畳を長く使用できるようになります。こういった畳替えを適切なタイミングで行っていれば、畳を20年以上使い続けることも可能となります。