和室

畳を張替えるなら専門業者に依頼|落ち着く空間

定期的に変える

障子

障子はどこの家の和室にもある建具で、日本の気候や風習に合っていて昔から生活の一部に溶け込んでいます。透過性のある和紙は、直射日光を遮ってくれますが、適度に光を部屋まで届けてくれますし、吸湿性が高く部屋の湿度を保ってくれる効果があります。そんな便利な障子ですが、紙で出来ていますので、どうしても長期的に直射日光にあたっていますと変色してしまうことがほとんどです。また少しの衝撃などで簡単に穴があく、破れてしまうこともあります。特に子供が小さい場合、障子が破れてしまう機会も多くなりがちです。部屋の中では障子は目につく面積が広いですので、時期をみて適度な張替えが必要になってきます。障子の張替えは、誰にでも短時間で簡単に行なえますので、手順を紹介します。張替えは、まずは古い和紙の除去から始まります。古い和紙を破り取ってから、格子にこびりついた部分は、水で濡らしたタオルで擦りますと簡単に取り除く事が出来ます。次に格子に水で薄めた専用のりを丁寧に塗っていき、新しい和紙をゆっくりと貼っていきます。ある程度乾きますと、障子の張替えで重要な事が、霧吹きなどで和紙に水を吹きつけていく事です。和紙は水分を含んで乾燥しますと縮む特性があり、これを利用して乾かしますと、貼った和紙が縮んでピンと張りつめた状態になります。これで障子の張替えの仕上がり具合が大きく変わりますので、必ず行なって欲しいです。ただ忙しいと自分で行なうのは大変なので、業者に依頼するという方法もあります。